費用は高いのか

はがき

業者に作ってもらおう

圧着ハガキは専門業者に依頼すれば誰でも作ることができます。DMなどを作る際、圧着ハガキにすることはあるはずです。ただし、普通のハガキとは違うので多少の費用がかかります。この点を調べてみましょう。各業者では料金表をホームページに掲載しています。その中に圧着ハガキの料金があれば比較してみましょう。当然、業者によって多少の違いがあるはずです。また、圧着ハガキといっても単純なV型もあれば、R型、W型といったものもあります。どのくらいの厚さ、量になるのかによっても費用は異なるため、用途や目的に応じてどんなものを作りたいのか決めておきましょう。一般的にはV型が多くなっています。もちろん、一枚だけ発注することはできません。業者によって最低発注枚数が決まっているので、その点も確認してみましょう。DMとして発送するのなら500枚以上作ることもあるはずです。V型なら500枚で2万円程度といったところが相場と言えるでしょう。これが安いと感じるか高いと感じるのかは、人によって異なります。また、他の業者ならもっと安くできるといったこともあります。一つの業者にこだわらず、複数の業者から見積もりを出してもらいましょう。ちなみに、もっと複雑な形状のR型やW型になってくると、同じ枚数で3万円以上になることがあります。これは当然のことです。予算を組んで適切なタイプを検討しましょう。後は納品の早さや対応の良さなどから選んでみるといいかもしれません。

Copyright© 2018 フライヤー印刷を専門業者に頼もう【店舗は価格を参考に選ぼう】 All Rights Reserved.